« メインを避けた桜の尾道散歩(3) | トップページ | メインを避けた桜の尾道散歩(5)向島 岩屋山へ »

2010.04.19

メインを避けた桜の尾道散歩(4)尾道~向島

Blog600a この階段を上がると、"硬い門"のある持光寺。昨日の階段と同じく、1本の桜が階段に「飾ってある」といって良いような感じで咲いていた。

山の上の桜も良い、水辺のも良い、そして階段と桜もよく似合う。

水辺や階段に似合う1つの原因が、桜が枝を横に張るので、水面や道に張り出して咲くところが格別なのだと思う。花のトンネルを歩く幸せ感が、ちょっとほかの花にはない特別なもの。イチョウみたいに高い所に枝があったら、その下で酒を酌み交わす習慣も生まれなかったかも。下にいると「包まれた感」があるのだ。

Blog600b さて福本渡船で向島に渡り、尾道城を背にして島内散策へ。初めての方のために毎度書くが、尾道の向島は「むかいしま」と読む。この写真の右側に向島を訪れる方に有名な喫茶「檸檬の樹」がある。私は寒い日にはシナモンミルクティでまったり。昼を過ぎても「モーニング」をやっているので、トースト、卵、ミニサラダと飲み物で軽い食事も可。絵画展や写真展もよく催されている。
 

Blog600c 向島中学。そういえばもう1つ「学校にも桜がよく似合う」というのがあった。何でも似合うじゃん、みたいなことになるが、入学や学年が変わる節目を華やかに飾ってくれるので、なんとなく原風景として脳のどこかに残っている。

Blog600d 向島八幡神社。「オハケ神事」というのがあり、平土器12枚に玄米、麹、御神酒、井戸水を入れ、樽で蓋をしてこもを巻き4日間寝かせ、玄米に咲いた麹花の咲き具合で年の吉凶を占う1000年以上続く神事が9月に行われる。(「旅と散歩の部屋」からコピペ<自分のです)

中に入るとかなり広い。(ユアーズぐらい<分かるかっ!(笑))ここに桜が点在しているのは初めて知った。

Blog600e 外の塀沿い
 
 
 
 

Blog600f  
 
 
 
 
 
 
 
 

Blog600g お、民家にブルドッグのマークがなぜ。元お店だったにしても、ブルドッグ製品だけを置く店というのもないような。単にブルドッグの好きな人が貼っているだけなのか?
 
 
 Blog600h

向島の桜、続く

|

« メインを避けた桜の尾道散歩(3) | トップページ | メインを避けた桜の尾道散歩(5)向島 岩屋山へ »

尾道周辺」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メインを避けた桜の尾道散歩(3) | トップページ | メインを避けた桜の尾道散歩(5)向島 岩屋山へ »